I make sketches whenever I find something inspiring and touching. Those moments filter through my mind and create a small world in my sketch book.

何気ない日常の中で心が温まることを見つけた時、スケッチブックに描きとめるようにしている。そのできごとは、私の心を通って想像の世界で生き続ける。



Sunday, October 17, 2010

First Rain




We have been enjoying Indian Summer for a few weeks. But today it rained for the first time in this season. This is a sign of the end of short summer in San Francisco and the beginning of rainy winter.
For Maya, it was an exciting day! She got to wear rain boots, to hold her favorite umbrella and to play in puddles. When we went out, she run to puddles with a big smile.
Grown ups hate to step into puddles, but kids love to jump into puddles.... When is Maya going to stop enjoying rainy days....?

ここのところいいお天気が続き、インディアンサマーを楽しんでいましたが、今日はこの冬初めての雨が降りました。この雨は、短いサンフランシスコの夏に終わりを告げて、雨の多い冬の始まりを意味します。
マヤにとっては、待ちに待っていた雨です。だって、長靴を履いて、お気に入りの傘をさして、水たまりでピチャピチャ遊ぶの5月からずっと待っていたのですから、、、外に出ると、一目散に水たまりを見つけてピチャピチャしてにんまりしてました。
子供の頃は、水たまりに入りたくて大きな水たまりを探して歩いたものだけど、いつの間にか水たまりを避けて歩くようになりますね。マヤが水たまりを避けて、雨の日を楽しまなくなる日がいつか来ちゃうんだな、、、

6 comments:

  1. ソフィアBママOctober 17, 2010 at 10:52 PM

    「学習」による先入観などから、
    水溜りを避ける、という行動を取るように
    なるのは、恐らくもう少し後でしょうか、、、。

    うちの娘に対しても、同じようなことを
    思い巡らせることがあります。

    例えば、お風呂上りに、
    まだ「恥じらい」(←これって、死語になりつつある?)
    を知らないために、裸で部屋を駆け回ったり、、、
    いずれは、そういうこともしなくなるのでしょう。

    「成長」とは、楽しみの反面、
    ある種の寂しさもありますね、、、。

    ReplyDelete
  2. ソフィアBママさん、いつもコメントありがとう!
    そうね。いつまでも無邪気な子供でいて欲しいなんて思っちゃうけどね。
    でも、考えてみたら、大人になったらなったで、別の雨の日の楽しみ方があるよね。しーんとした静けさだったり、雨音だったり。子供たちは気づかない事に気づくようになるよね。そう思ったら、大人になるのも悪くないかな?

    ReplyDelete
  3. Thanks, Missy! I visited your web site to see your work. They are so cute!
    Keep up good work and keep in touch!

    ReplyDelete
  4. そうだよね、子供て水溜りでピチャピチャやるの好きだよね。
    水はねとか、何のこと?て感じだよね。
    家は、あと山に行ったときに川に大きい石をドボンと落とすのが大好きみたいです。
    でも、子供らしく遊ぶのが一番よね。

    ReplyDelete
  5. そうそう。石投げ大好き!
    あの音が快感なんだろうね〜!

    ReplyDelete