I make sketches whenever I find something inspiring and touching. Those moments filter through my mind and create a small world in my sketch book.

何気ない日常の中で心が温まることを見つけた時、スケッチブックに描きとめるようにしている。そのできごとは、私の心を通って想像の世界で生き続ける。



Monday, August 8, 2011

Heartbroken




It is always more painful to see someone is in pain than yourself is in pain. Especially, seeing your child is in pain is the most difficult thing as a parent.
One day, after we were playing with dolls, she suddenly started to cry and said her friends didn't want to play together with her today. It is a small thing, but it was a big thing for her and staying in her mind like a heavy stone for a whole day.
If I could, I will protect her from any kind of pain. But it is impossible. She needs to face it and overcome it by herself. But, at least, I want to be next to her in that moment and comfort her as much as I can, until someday she will grow up and won't need my comfort any more.

いつだって誰かが辛い思いをしているのを見るのは、自分が辛い思いをするより辛いものです。特にそれが自分の子供であればなおの事。
この間、いつものようにお人形遊びをしてお片づけを使しようとした時、突然泣き出し、今日お友達が一緒に遊んでくれなかった〜!と言い出しました。とっても小さな事ですが、マヤにとってはとっても大きな出来事で、一日中小さな胸におもしのようにあったのでしょう。
できる事なら、そういう痛みすべてから守ってあげたい。でも無理ですよね。彼女が自分で乗り越えて行かなければならないんですよね。でも、せめてそんな辛い思いをしている時は、これから先ずっと、そばにいて慰めてあげたい。もうママは必要ないよって言われるまでは、、、

2 comments:

  1. ソフィアBママAugust 9, 2011 at 1:04 AM

    お互いに、一人っ子を持つ身なので、
    似たような事を考えます。

    「もうママは必要ないよ」という時期が
    やって来たときには、自分の力で物事を判断したり、
    解決出来たり、悩んだ時には、いい相談相手の
    お友達がいてくれる、、、そんな風に成長して
    くれているといいですね。

    ReplyDelete
  2. ソフィアBママさん久しぶり!
    最近転んだりしても我慢できるようになったけど、嫌な事があった後などに泣くことが多くなった気がする。これも成長だね。

    ReplyDelete