I make sketches whenever I find something inspiring and touching. Those moments filter through my mind and create a small world in my sketch book.

何気ない日常の中で心が温まることを見つけた時、スケッチブックに描きとめるようにしている。そのできごとは、私の心を通って想像の世界で生き続ける。



Sunday, December 12, 2010

Dear Santa




Maya is counting down for Christmas to come for the first time in her life. This year, she fully understands what Christmas is about. Well, just as the day Santa Clause will bring a present...
When I was a child, my mother told me to put a letter to Santa on the window. I remember I used to put a letter on the window and wait for Christmas. So Maya is doing the same now.
Next several years are so precious time for my family. We can purely enjoy Christmas. Someday when she ask me "Is there really a Santa Clause?", I want to read her my favorite essay about Christmas.

マヤは、今年初めてクリスマスというのが何なのか理解して(サンタさんが、プレゼントを持って来てくれる日という意味ですが、、、)クリスマスが来るのを心待ちにしています。
私が子供の頃、母がサンタさんにお手紙を書いて窓に貼っておけば、プレゼントを持って来てくれるよと教えてくれたので、毎年そうしてクリスマスを待っていました。マヤも今同じ事をしています。
これからの数年間は、私たち家族にとって、純粋にクリスマスを楽しむ事のできる貴重な時間だと思います。そして、マヤが「サンタさんて本当にいるの?」って聞いてくる日が来たら、私の大好きなこのクリスマスのお話をしてあげようと思います。


2 comments:

  1. ソフィアBママDecember 15, 2010 at 11:49 PM

    子供の頃、クリスマスには
    皆、夫々の思い出があるのね~。

    うちの娘も、まだ暫くの間は
    サンタクロースを心待ちに
    することでしょう。

    ReplyDelete
  2. ソフィアBママさん、ありがとう。
    今回は、小さい頃の私も登場させました〜!

    ReplyDelete